昆虫ウォッチング

水の中でくらす昆虫


ゲンゴロウ

ゲンゴロウ体長36〜39mm)
分布:北海道〜九州
エサ:魚の切り身、ニボシなど
 水にすむコウチュウの仲間です。名前は知られていますが沼が埋め立てられたり、水路がコンクリートで護岸されたため近年、数がめっきり減ってしまいました。


シャープゲンゴロウモドキ

シャープゲンゴロウモドキ(体長30〜33mm)
分布:関東・北陸以西
エサ:魚の切り身、ニボシなど

「モドキ」とついていますが、立派なゲンゴロウの仲間で国の絶滅危惧種に指定されています。ゲンゴロウのおなかは黄色ですが、本種は黒いので区別できます。


タガメ

タガメ(体長45〜65mm)
分布:北海道をのぞく日本全土
エサ:キンギョ、フタホシコオロギなど

 大型でどう猛な水生昆虫ですが、農薬などの汚染に弱く、全国的に数が激減しています。魚などをつかまえ、注射針のような口で消化液を肉に送り、溶けた肉汁を吸います。


注)エサは昆虫館であたえているものです

イメージ

 次へ