昆虫ウォッチング

陸でくらす昆虫.1


タイワントビナナフシ

タイワントビナナフシ (体長71〜82mm)
分布:本州(神奈川県以西)、九州、対馬、南西諸島
エサ:バラ科植物、サンゴジュなど

 ハネを持つナナフシですが、うまく飛べません。体からはゴボウのようなにおいがします。じっとしているとなかなか見つけることができません。


モリバッタ

イリオモテモリバッタ(体長♂23〜33mm ♀34〜50mm)
分布:南西諸島
エサ:シャガ、ヨモギなど

 モリバッタの仲間はたくさんいて、展示しているのは西表島に生息している種類です。飛びはねる力が強く、フタをあけたとたんに展示容器から飛び出すことがあります。


タイワンクツワムシ

タイワンクツワムシ(体長60〜75mm)
分布:静岡県以西
エサ:クズ、ギシギシ、コマツナなど

 県内のクツワムシと体つきは似ていますが、鳴き声が全くちがいます。体の色が緑色のものと茶色のものがいます。


フタホシコオロギ

フタホシコオロギ (体長25〜30mm)
分布:南西諸島
エサ:金魚のエサ

 ハネの付け根に黄色い二つの模様があるため、この名前がつきました。他の肉食昆虫のエサにもなるのでたくさん飼育しています。


注)エサは昆虫館であたえているものです

イメージ

 次へ